スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江の島 お疲れさま♪

先週の江の島、お疲れさまでした!
江の島写真_縮小2


フラとベリー、けっこうな人数でしたね~


相変わらずリハはバタバタ・・・
でもせっかく江の島の海の目の前! なロケーションだから、
海気分を味わっておかないと、と・・・

ノーリアとあわてて海へ → PA0_0388.jpg


PA0_0387.jpg
                ←はしゃぐ♪ノーリア


海にいること約10分 (笑)

ちゃいろい若者達に圧倒されいそいで会場にもどりました。


今回のショーの開始時間は16時。
少しずつお空が綺麗な夕日へとかわっていきます。
PA0_0385.jpg


今回のみんなの踊り、どれもすごく楽しそうだった♪

ターキッシュの踊りはトップバッターだったから緊張したかもしれませんが、
気迫が伝わってきました。

ノーリアクラスのアンアンなショッキングピンクの踊りは、今回一番盛り上がってたんじゃないでしょうか?
フラの人達にもかなりウケてました!
私も混じりたいな♪

うちのクラスのレディースチョイス、軽装で夏らしく、これまた混ざりたかった♪


そして短期間の練習でよくがんばりました、Tales of Sahara!
真一さん&KAZUKOさんデュオ。
ご夫婦です。

約一ヶ月という短い練習で、リズム練、歌うことから始め、
一回いいわけしたら10円 とかいうこともやり、

本当に本番は素敵に踊ってくれました!
もともと芸術夫婦なので、本質的なことをとても上手にみせてくれます。
特にタクシームのところ、素敵だった


私は・・・

まあ

いつものように反省グセが・・・いやいや、でも思い切り踊れました。

オリエンタル、ケルト、ひとりマノリア(ボリウッド)という、相変わらずの組み合わせ

やっぱりマノリアはたくさんで踊りたいな~。
オリエンタルは、最近になってやっとやっと、少し踊れるようになってきました。
やはり曲への愛情というか、ベリーダンスへの愛情というか、 ハートがないと踊れませんね。。
どの踊りもそうだけど。
イチから 改めて自分の踊りと向き合っていこうと思いました。

どんな曲にしても、ノって踊っている人を観るととても心に残ります。


今回、フラとベリーのカルチャーの違いをあらためて感じました。
みなそれぞれ自分を大事にしてるんですね。

いつかまたフラの世界をのぞいてみたいなと思いました。

フラは、曲の合間に話をしながら構成していくことが多いようですね。
そのためか、真剣だけど和気あいあいとした雰囲気で、会場の空気をつくっていました。



それに対して、ベリーは 「私です」 という印象。対照的で面白かった。



これからは、練習通りに披露することから、
その場の空間に溶け込んでいけるようなパフォーマンスの練習を
もっともっとしたいなあと思いました。
表現クラスでやっているような練習を、もう少し加えつつレッスンしていきたいと思います。

でも、とにかく楽しいのが一番!

それぞれに合った踊りができるようになるのを目指して・・・


私もがんばろっと。


コメントの投稿

非公開コメント

先生どうもありがとうございました☆
みんな楽しそうでよかったです! 自分の踊りは首ふりまくってやっぱりちょっと落ち着きなかったけど、一生懸命やれたのでよかったです♪
先生のナチュレ素敵でした~またみたいな~
また週末からよろしくお願いします~^^

Re: タイトルなし

いやいや、あとで映像でもみましたが、とっても素敵でしたよ!思いっきり踊れる人って、なかなかいないと思うので、そういうことができるKAZUKOさんはすごいなあと思います。
またよろしくお願いします!
次の曲が楽しみです♪
プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少の頃ミュージカルを観てダンスに強い憧れを持ち、父の弾くフラメンコ・ギターの影響でジプシーへと惹かれていくが、
当時はピアノを弾いていたため10代の頃は音楽で表現することにエネルギーをそそぐ。
21歳の時に訪れたアメリカで、滞在先の家族がベリーダンサーだったことをきっかけにダンスを始める(1999年)。
その後日本を中心に、諸外国で様々なスタイルのベリーダンスを学ぶ。
レストランショー、野外イベント、演劇・コンテンポラリー・舞踏・美術作品等への出演を経て、
2006年よりベリーダンス講師を始める。

その間に国際基督教大学で4年間を日本語学を勉強し、卒業後は日本語教師をしながらダンスの道を歩んでいる。

ダンスでは特にトルコやコーカサスのダンスから大きな影響を受け、「トランス」「力強さ」「リズムの持つ美しさ」「チームワーク」を追求、そのうちに阿波踊り、琉球舞踊など日本の祭りのダンスへとつながっていく。

現在は日本語教師、ベリーダンス講師や舞台出演の他、オリジナル阿波踊りの連を立ち上げ中。
仕事、子育て、年齢などに関係なく、誰もがそれぞれのステージで輝き生涯長く踊り続けられるよう、日々の暮らしと密着した踊りを目指して活動している。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。