月夜で思い出したこと

毎日おっぱいあげてオムツを替えて、抱っこして、洗濯し続けて(とにかくいつも何か洗ってます)、たくさん食べて、そしてこま切れに寝る!!
の繰り返しで、一日があっという間に過ぎていきます。

気づけば、、、今日でちょうど2ヶ月になりました。


昨夜、洗濯物を片付けようとベランダに出てふと上を見上げたら、
月が、あまりにも、、なんというか… 
優しい感じでした。
何かを物語っているような感じで、そのまましばらく眺めていました。


そういえば出産の日は満月で、
前日の夜中にも、病院の窓から月を眺めていたのを思い出しました。
夜景の真上に月がぽっこり。。。
きれいだなあ… なんて思いながら
静かに陣痛に集中していた夜中の時間は、
今思えばとても幸せで優しい時間でした。


そんなことを昨夜は思い出し、少し日々の忙しさから放れ、
なんかきゅーんとして泣きそうになりました。

子育ては不安がたくさんでストレスもあるけど、赤ちゃんの世話にどっぷり浸れる毎日を改めて愛おしく感じた夜でしたBrilliant

コメントの投稿

非公開コメント

満月って、色々思い出したり、考えたり、物思いにふけますね!

太一くんを産んでからの、アサハさんは何だか、とってもオープンハートになった感じがします♪

時と共に、みんな少しづつ変化~♪嬉しく楽しい変化ですねんv-238

Re: タイトルなし

えー オープンになりましたか?私。確かに、それは嬉しい変化だv-238
子供と向き合っているうちに、正直になっていく気がします。。
プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少の頃ミュージカルを観てダンスに強い憧れを持ち、父の弾くフラメンコ・ギターの影響でジプシーへと惹かれていくが、
当時はピアノを弾いていたため10代の頃は音楽で表現することにエネルギーをそそぐ。
21歳の時に訪れたアメリカで、滞在先の家族がベリーダンサーだったことをきっかけにダンスを始める(1999年)。
その後日本を中心に、諸外国で様々なスタイルのベリーダンスを学ぶ。
レストランショー、野外イベント、演劇・コンテンポラリー・舞踏・美術作品等への出演を経て、
2006年よりベリーダンス講師を始める。

その間に国際基督教大学で4年間を日本語学を勉強し、卒業後は日本語教師をしながらダンスの道を歩んでいる。

ダンスでは特にトルコやコーカサスのダンスから大きな影響を受け、「トランス」「力強さ」「リズムの持つ美しさ」「チームワーク」を追求、そのうちに阿波踊り、琉球舞踊など日本の祭りのダンスへとつながっていく。

現在は日本語教師、ベリーダンス講師や舞台出演の他、オリジナル阿波踊りの連を立ち上げ中。
仕事、子育て、年齢などに関係なく、誰もがそれぞれのステージで輝き生涯長く踊り続けられるよう、日々の暮らしと密着した踊りを目指して活動している。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード