シルク・ドゥ・ソレイユ “Michael Jackson THE IMMORTAL” / 頭が煮詰まってわからない時は体を動かす

シルク・ドゥ・ソレイユの、

“Michael Jackson THE IMMORTAL”

を観てきました。


気合いを入れて、何ヶ月も前から最上級のチケットを購入。
こんな高いチケットを買ったのは初めてだったのでかなりドキドキしました


私は5歳の時にマイケルジャクソンを観て大好きになりダンスに興味を持ったので、
何かあるとマイケルの映像を見てやる気をもらってました。


なので、、


感無量です。。。。。。



特にキャプテンEOが大好きで、NHKでやっていたメイキングなどを当時のベータビデオ(!)に
録画してもらい、画面が砂嵐になるまで見ていました。


(砂嵐になっちゃったので、大人になってからキャプテンEOのDVDを買いました。

そしたらyou tubeにアップされているのと同じ画質でした 笑)


それで、今回のショーでも当時の音楽が流れて、、


マイケルがもういない寂しさやら
マイケルの温かさや
自分の小さい頃の記憶などが混ざり、


「3回泣くよ」


と事前に言われていた通り、


3回泣きました (つД`)




昨年の春、いや年明け頃からか。

続いていたスランプ状態、やっと抜け出せた感じ!


踊りをやめようとは思わないものの、
何を踊ったらいいのか、何を踊りたいのががはっきり見えてこない一年だった。
自主練でスタジオにこもっていても、どんな曲をかけてもなかなか乗れない。
2〜3時間経って、やっと乗れた!と思っても、その踊りが根をはり成長していく気配を感じられず・・・


と思ってましたが、


今回の公演を観て、
日々いろいろ気にしすぎなければ何ら問題ないということに気づきました。


何よりもマイケルジャクソンの愛、
マイケルを敬愛する世界中すべてのダンサー達の、マイケルへの愛、ダンスへの情熱。
そして、シルク・ドゥ・ソレイユの身体能力の凄さ

それから、裏方とパフォーマーの掛け合い、共同作業。


理屈抜きに吹っ切れました



やっぱりただただ踊るって、大事だなあ。


今日も思ったけど、
何をしたら良いか全然わからない時、
踊りから離れてみるのも有りだけど、
そうすると私は何をしたいのか頭で考え過ぎてしまうので、

結局、


身体を動かしている時に思いついたことが正解なんじゃないかなと思うこの頃です。



理屈抜きに、世界中全てのダンサーを敬愛して。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少期にマイケル・ジャクソン、グレッグ・バージ、ミシェル・ジョンストン等の
様々なミュージカルに影響を受け、ダンスに憧れを持つ。
1999年にアメリカでベリーダンスに出会い、日本・トルコを中心に修業。
2005年よりレストランショー、イベント、 舞踏・美術作品、ミュージカル等に出演。
2006年よりダンス講師も務める。

ベリーダンスの魅力は、お腹の中から踊ること、多様なリズムと旋律、物語性、自由と
美しさ、トランス。運動量は多いが体に負担がないこと。

独自のダンススタイルを追求していく中、特にアゼルバイジャンや雲南省、徳島の民族
舞踊から大きな影響を受け、現在は 舞台活動と講師の他、オリジナルの阿波踊りの連を
展開中。「土着」を軸に、多様な個性の融合を目指して踊っている。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード