おもしろ語録

子供(3歳半・男子)の言葉づかいが、おもしろい。

「ねえ、トマト、4のいっぱいちょうだい!」

(と言って、手は三歳の形。三本指。←つまり単なる間違い)


「4のいっぱい」とか、「3のいっぱい」とか、よく言います。
要は、「たくさんくれ!」ということらしい。

最近「ひとつ」という概念と、数の数え方がようやくマッチしてきたらしく、
3とか4は「ひとつじゃないもの(つまり多い)」らしいです。


  私 「みっつほしかったら、三個ちょうだいって言うんだよ。」
  子 「さんこのいっぱいちょうだい」
  私 「・・・・はい、どうぞ」(とプチトマトをあげる)


あと、「何歳?」と聞かれると、「さんさい!」と言いつつ手がピース(2歳)になってたりとか。。
(これも単なる間違い)


なんか、つられて私も数に関してアバウトになってきた気が。
とくに2と3、最近どっちでも良くなってきた(笑)
これから言葉を覚えるような年齢でもないのに、、いかんいかん。




コメントの投稿

非公開コメント

かわいいですね。夏のトマトはおいしいからごろごろ食べたくなりますね。体中をトマトでいっぱいに満たしたかったのかもしれないですね

Re: タイトルなし

ははは〜 トマトは食べ出すととまらないですよね。
最近、ちょっとずつ数の表示が合ってきました! 笑
この時期は成長速度が速いですね・・・
プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少期にマイケル・ジャクソン、グレッグ・バージ、ミシェル・ジョンストン等の
様々なミュージカルに影響を受け、ダンスに憧れを持つ。
1999年にアメリカでベリーダンスに出会い、日本・トルコを中心に修業。
2005年よりレストランショー、イベント、 舞踏・美術作品、ミュージカル等に出演。
2006年よりダンス講師も務める。

ベリーダンスの魅力は、お腹の中から踊ること、多様なリズムと旋律、物語性、自由と
美しさ、トランス。運動量は多いが体に負担がないこと。

独自のダンススタイルを追求していく中、特にアゼルバイジャンや雲南省、徳島の民族
舞踊から大きな影響を受け、現在は 舞台活動と講師の他、オリジナルの阿波踊りの連を
展開中。「土着」を軸に、多様な個性の融合を目指して踊っている。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード