東京アンデパンダン展に参加します

初めてアンデパンダンというものを知ったのですが、
今度「東京アンデパンダン展」が銀座で開催されます。
色々な縁があり、今回私はパフォーマンスをする「上演アンデパンダン」に出演することになりました。


無知すぎて最初きいたとき「ん?パンダ展?かわいらしい♪」と思ってしまった私(本当にごめんなさい)


ギャラリーで踊るのは久しぶりです。
独特の空間なので、その辺よく工夫して思いっきり踊りたいと思います。
無料で入れるようです。
伊藤虹も踊ります。今回は伊藤虹もアサハもソロで踊ります。他に数名、パフォーマンスをされる方がいるそうです。
是非足をお運びください!
11月19日(土)15:00~16:00の間がパフォーマンスタイムです。


~以下 ジェイトリップアートHPより~

「東京アンデパンダン」は、2007-8年のサブプライム住宅ローン危機やリーマンショックが1929年恐慌以来最大の世界経済危機を引き起こしたことを受け、アーティストが自らのイニシアティブで無審査、無褒章かつ自由出品を行うアンデパンダン展形式を再び活用すべきであることを説いた「二十一世紀初頭のアンデパンダン展のための檄文」(深瀬鋭一郎氏筆)発表以降に開催された一連のアンデパンダン展(横浜開港、3331、日本橋等)のうちのひとつです。
これらの新アンデパンダン展は、第2次世界大戦後から開催されてきた各アンデパンダン展(日本、武蔵野等)とも連携しつつ、日本美術界の新しい動きのひとつとなっています。東京アンデパンダン展は、東日本大震災後の諸般の事情により開催延期、会場変更、開催規模縮小等を余儀なくされながらも、21世紀のアーティスト・イニシアティブとして命脈を繋ぐべく、ここに第3回の開催を迎えました。世界経済困難の中で奮闘を続けるアーティスト達の力作を、是非ともご高覧ください。

会期:2011年11月15日(火)~11月27日(日)
時間:11:00~19:00 ※11/21(月)は休廊、最終日17時まで  入場無料

<出展者>(順不同)
・ASAKURA KOUHEI・伊藤 俊・上田 晶子・江口 シュウ・金子 絵美・KAYO・CUPY ・shina・竹内 慎・たじ魔・鳥養 友佳・中川 沙綾香・ノジマ F. レイコ・花阿彌犬一・馬場 城介 ・菱沼 美香・深瀬 祥子・福澤 貴之・松岡 陽介・湯澤 亜沙子・若林 やすと・塩路明子・天野弓彦 ・高村総二郎・nobby・David Ventura・木原千春・宮口拓也・安達修・aimi・ヨクナ パトーファ ・エスワイ プロジェクト・木谷安憲

入札アンデパンダン
ご来場のお客様に好きな作品3点をお選び頂き、合計ポイントの最も高かった出品作家には当ギャラリーで6日間の個展開催(無料)の権利が与えられます。(当ギャラリーの企画展規約)

上演・説明・討論アンデパンダン開催!(入場無料)
11月19日(土)
15:00~16:00  上演アンデパンダン「パフォーマンス等の上演」
16:00~17:00  説明アンデパンダン「自作品の説明」
17:00~18:00  討論アンデパンダン「各アンデパンダン展の代表者たちの討論」
※全て入場無料 (各開催時間は多少前後する場合があります。)


場所: J trip art GALLERY

http://www.jtrip-118.com/

〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-18
デイム銀座ビル3F

TEL:03-3571-7818

コメントの投稿

非公開コメント

そこで餡でパンダ作ってたら笑うよね。

Re: タイトルなし

笑ってしまった
プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少の頃ミュージカルを観てダンスに強い憧れを持ち、父の弾くフラメンコ・ギターの影響でジプシーへと惹かれていくが、
当時はピアノを弾いていたため10代の頃は音楽で表現することにエネルギーをそそぐ。
21歳の時に訪れたアメリカで、滞在先の家族がベリーダンサーだったことをきっかけにダンスを始める(1999年)。
その後日本を中心に、諸外国で様々なスタイルのベリーダンスを学ぶ。
レストランショー、野外イベント、演劇・コンテンポラリー・舞踏・美術作品等への出演を経て、
2006年よりベリーダンス講師を始める。

その間に国際基督教大学で4年間を日本語学を勉強し、卒業後は日本語教師をしながらダンスの道を歩んでいる。

ダンスでは特にトルコやコーカサスのダンスから大きな影響を受け、「トランス」「力強さ」「リズムの持つ美しさ」「チームワーク」を追求、そのうちに阿波踊り、琉球舞踊など日本の祭りのダンスへとつながっていく。

現在は日本語教師、ベリーダンス講師や舞台出演の他、オリジナル阿波踊りの連を立ち上げ中。
仕事、子育て、年齢などに関係なく、誰もがそれぞれのステージで輝き生涯長く踊り続けられるよう、日々の暮らしと密着した踊りを目指して活動している。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード