手仕事がおもしろい

裁縫はとっても苦手なのですが、「こんなのを作りたい!」という希望だけは、
日頃から ふつふつと 湧いてきます。
この生地でこんな小物を、とか、衣装とか。

でも実際になかなか取りかかれない、というか、取りかからない・・・?
やり出すと楽しくて逆に寝食を忘れてしまい、家族からブーイングが来るのですが。

いずれにしても、最近は手を動かす作業がなんか気持ちよく感じられます。
脳が活性されるのでしょうか。そんなことを意識するようになったようです^^;

手仕事の面白さに気づいたのは、息子が3歳くらいから保育園で色々作るようになって、
工作やアルバムなど、家でも一緒にやる機会が増えてからです。
その時に作る作業の楽しさや、出来上がる快感が湧いてきました。
今は息子は小学生ですが、図工で作ったものなどをみると綺麗で面白くて、
先生方のアイデアはすごいなあと感心するばかりです。

それで、この前「風の絨毯」という映画をDVDで観たのですが、
手仕事満載でとても面白かったです!


風の絨毯 

風の絨毯


イランでの絨毯の作り方が細かく描写されていて、そこはドキュメンタリーのようでした。
毛糸を染めるところから、
家族、親族総出で編むところ、
作業場の中庭でみんな和んだり、
夜通しで交代で寝ながら作業したりして、家の中にたくさんの人が集まって仕事しているところなど。

特に面白かったのは、絨毯の模様通りに編むので、パターンを読み上げる人と編む人と分担されているところ。
チームワークフェチの私としては 笑 グッとくるシーンでした。

へえ〜こうやって作るのか〜と。

合間に結婚式があり、それも、作業場の素敵な中庭でやっていて、
ベリーの好きな私には嬉しくなるような太鼓や音楽のメロディが。
そして楽しそうに歌って踊る人達。

こんな暮らしに憧れがあるようです。
プロフィール

Asaha

Author:Asaha
ダンサー、ダンス講師、
日本語教師

■出演情報 こちら
■レッスンご案内 こちら

■HP(修正中):
http://www.asaha.jp

〈ご連絡〉asahanmit★gmail.com
(★を@に変えて下さい)

〜プロフィール〜

幼少の頃ミュージカルを観てダンスに強い憧れを持ち、父の弾くフラメンコ・ギターの影響でジプシーへと惹かれていくが、
当時はピアノを弾いていたため10代の頃は音楽で表現することにエネルギーをそそぐ。
21歳の時に訪れたアメリカで、滞在先の家族がベリーダンサーだったことをきっかけにダンスを始める(1999年)。
その後日本を中心に、諸外国で様々なスタイルのベリーダンスを学ぶ。
レストランショー、野外イベント、演劇・コンテンポラリー・舞踏・美術作品等への出演を経て、
2006年よりベリーダンス講師を始める。

その間に国際基督教大学で4年間を日本語学を勉強し、卒業後は日本語教師をしながらダンスの道を歩んでいる。

ダンスでは特にトルコやコーカサスのダンスから大きな影響を受け、「トランス」「力強さ」「リズムの持つ美しさ」「チームワーク」を追求、そのうちに阿波踊り、琉球舞踊など日本の祭りのダンスへとつながっていく。

現在は日本語教師、ベリーダンス講師や舞台出演の他、オリジナル阿波踊りの連を立ち上げ中。
仕事、子育て、年齢などに関係なく、誰もがそれぞれのステージで輝き生涯長く踊り続けられるよう、日々の暮らしと密着した踊りを目指して活動している。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード